刺子絆纏 刺子鉄火シャツ 刺子袋物 よし純

トップページ > ごあいさつ
ごあいさつ
ごあいさつ
絵刺子袢纏とは

 その源は、幕末に町人達の間で流行した刺青文化だと言われています。
当時の世相では、刺青は決して陰湿なものではなく、むしろ明るく開放的で、 自己アピール的なもの、信仰心の表れ等であり天保の改革に対しての反骨、 反社会的な意味もあったようです。

そして、歌川国芳の描く「水滸伝」の流行が さらに拍車をかけたといわれています。

これらの刺青を特に好んだ町火消とは、 鳶職を中心とした男気のある 鯔背(いなせ)な連中です。

度重なる大火の際、 見知らぬ人のために命をなげうって 火に立ち向かうその姿は、 何よりもかっこ良くて、 命をかけるに足る誇り高い 活動だったのです。  

その彼らが火に立ち向かう際に 着ていた刺子袢纏の裏側全面に、
自分の刺青と同様、 自分の男気信仰心、
に関係のあるもの等を あらわしたものが
『絵刺子袢纏』なのです。

火事場に向かうときは表を着て、 皆そろいの大紋で火に立ち向かい、
無事に火事を食い止めた際には、 絵刺子袢纏をひっくり返して裏側の自慢の絵を出して、 皆意気揚々と引き上げていったと伝えられております。

よし純ブログ
ご注文方法
よし純facebook
白椛純一facebook
  • 刺子誂処 よし純
  • 〒028-4307
    岩手県岩手郡岩手町五日市10-130-23
    Tel:0195-62-5974
(C)刺子誂処 よし純